任意売却を行うメリットとは

住宅ローンの支払いが厳しくなってしまったり、滞納してしまうことが続くと、融資を行う金融機関は任意売却を債務者へ勧めくるでしょう。

これは、所有不動産を売却して融資の返済に充当させるためなのですが、この時点ですでに融資した金額の全額回収はできない状況になっています。

任意売却における問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

つまり、債務者に対しての最終的な救済措置といってもよいでしょう。
万が一金融機関からの勧めを断ってしまった場合、債務者からのはっきりした回答がないまま返済がさらに滞る状態が続けば、裁判所の命令により差し押さえが行われ、そして競売にかけられてしまうのです。



では、任意売却と競売では何が違うのでしょうか。


任意売却では競売と異なり市場価格での売却が可能でうまくいけば手元に残る場合もあります。



また、近隣へ事情を知られることもなく、退去日も相談が可能となっています。


それに対して競売では、情報が公開されているため近隣住民へしられてしまったり、退去日も強制的に決まり、引っ越し代などの退去費用も出すことが出来ず手元に残る金銭はありません。

自己破産のリスクも高まってしまいます。

任意売却とは、支払いが厳しくなってしまった時の最後の砦といっても過言ではありません。競売はもちろんの事、任意売却となってしまうとその後ある程度の年数がたたないと再び融資を受けることは本当に厳しくなってしまいます。


少しでも支払いに不安が生じた場合は、融資担当者へ早めに相談を行う事でよいアドバイスをもらうことができるでしょう。