住宅ローンで困った時は任意売却を検討しましょう

住宅ローンの支払いが厳しくなった時には、どのような対処が考えられるでしょうか。

任意売却について知っておくと便利なことが良く分かるお得なサイトです。

金融機関は債権を回収するために住宅の競売を提案してくるかもしれません。



住宅ローンが返済できずに住宅を売却する際には、任意売却を検討してみてください。
任意売却とは、売却後も住宅ローン等の債務が残ってしまう不動産を債権者である金融機関等の了承の下、任意で売却する方法になります。
競売と比べてより市場価格に近い価格で売却できます。競売では市場価格の7割程度になってしまう場合が多くなっていますので、物件をより高く売却することができます。


競売物件は新聞やインターネット上に掲載されますのでプライバシーの面で不安がありますが、任意売却ではそのような掲載はありません。


また、売却する相手を選ぶことができますので、親族間での売買や理解のある投資家に売却してリースバックしてもらう等、柔軟な対応をする事ができます。

売却相手と相談をして、売却後もその物件に住み続けることも可能になります。

このように、任意売却では競売と比べても柔軟性が高くメリットが多いですが、最大のメリットは自分の意志で誰にどういった条件で売却するかを決めることができるという点です。住宅ローンを滞納してしまう理由は様々なものがあります。
現在居住している物件を扱う場合は住み替えや引越しの費用等も考えていかなければなりません。こうした個々の事情に柔軟に対応できる売却方法が任意売却なのです。