リスクを最小限に抑える事が出来る任意売却について

マイホーム購入には欠かせない住宅ローンは年収の5倍から6倍を目安にするのが良いと言われています。


無理のない返済計画を立てて住宅ローンを組んでいる人は多いかと思われますが、ローンの支払いを行っている中で会社が倒産してしまい、返済が困難になるケース、病気やけがで収入が途絶えてしまうケース、ボーナス月の返済額を多くしていた場合には、ボーナス支給が激減もしくはゼロになるなど、返済が出来なくなる事もあります。
預金をある程度行っておけば当面の返済は何とかなっても、長期に及べば返済不能の状態となり、抵当権に設定が行われているマイホームは競売へと進められる事になります。

いろいろな任意売却情報サイトを活用しましょう。

任意売却は競売にかけられてしまう前に自らの意志でマイホームを売却、売ったお金をローンの支払いに充当する方法です。



但し、住宅ローンには抵当権があるため、勝手に任意売却を行う事は出来ません。


この場合は住宅ローンを利用している金融機関との交渉が必要になって来ます。

債権を回収出来るのであれば金融機関側も任意売却を駄目だと言う事はありませんが、債権の回収機関が交渉の中で重要なポイントになります。


例えば、3ヶ月以内に売却が出来れば良いなどのように金融機関側が提示した条件の中で売却を進める必要があるわけです。任意売却を専門に手掛けている会社に依頼するのが短期間で売却が可能になる、金融機関側が提示した条件通りになるため競売にかけられずに済みます。また、金融機関への交渉なども専門の会社が代行して貰う事が可能です。