任意売却は債務者と債権者の両方にメリットがある

任意売却は、借入金の返済眼困難になった場合に実施される処置のことを意味します。


基本的に、住宅ローンなどの大きな金銭を貸す金融機関は、その返済の担保として不動産などの保険を債務者に求めることが大多数です。

任意売却に関しての情報が閲覧できます。

不動産などを担保に入れてもらうと、お金を返済できなくなったときにそれを返済金の一部として還元することによって、不良債権を大量に生み出すことが無くなります。

任意売却は、金融機関側の保険の役割が大きいのですが債務者にとってもメリットはあります。

まず、債務者の経済的な情報が外部に漏れないことです。

例えば、不動産を売却する手段として他にも競売という方法があります。競売の場合は、インターネット上などで競売が行われるという事実と情報が発信されることになるため、近隣住民に対して情報が漏れてしまう懸念が生じます。



こうした不安点が任意売却には存在しません。

また、適正な市場価格によって売却できるというメリットがありますので債務者にとっても小さな負担で不動産を提供できる利点があります。競売の場合は、競売をする人たちがなるべく安い価格で手に入れようとするのですが、任意売却の場合は不動産の買い主側に売る方がある程度の主張を通すことができます。
売却したい価格帯がある場合にはそれをきちんと主張しておくことでそれが通る可能性もあります。



任意売却は、債権と債務に関わった人達を保証するための方法であるため他の方法と比較するとメリットがとても多いです。